船舶免許はボート免許の名称でも知られる国家資格で、一級小型船舶操縦士免許、二級小型船舶操縦士免許などが存在しています。湖川小出力限定の二級小型船舶操縦士免許の他、特殊小型船舶免許なども取得可能です。それぞれの船舶免許ごとに許可された操縦範囲があるため、用途に合わせて取得することが大切です。例えばマリンレジャーでの利用を考えているなら、二級小型船舶操縦士免許の取得が一般的でしょう。

船舶免許の中でももっとも一般的とされ、沿岸区域かつ20トン未満の船の操縦が許可されます。沿岸からあまり遠くには行かずに海釣りを楽しみたい人や、のんびりとクルージングをしたい人に最適となっています。二級小型船舶操縦士免許では水上オートバイの操縦はできません。水上オートバイの操縦をしたい場合には、特殊小型船舶操縦免許証を取得しましょう。

特殊小型船舶操縦免許証は湖岸や海岸から2海里の範囲内において、水上オートバイおよびジェットスキーの操縦が許可されます。その他の船舶免許を取得していても、水上オートバイやジェットスキーの操縦はできないため注意が必要です。目的に合わせて免許を取得することで、マリンレジャーをよりいっそう楽しむことができます。これまで友達や家族の操縦で海に出ていたという人も、許可された範囲内で自分の行きたい場所に行けるようになるでしょう。

海釣りを極めたい人や水上オートバイを上達したい人にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です