船舶免許の正式名称は小型船舶操縦士免許であり、一部を除く水上バイクやエンジン付きのボートなどを操船する場合に必要になります。船舶免許には外洋でスポーツフィッシングなどが出来る一級小型船舶操縦士免許と、最も一般的な二級小型船舶操縦士免許という種類があります。また、湖での釣りを楽しめる湖川小出力限定免許や、水上バイクなどを対象としている特殊小型船舶操縦士免許も免許の一つです。車などが大きさや排気量によって免許の種類が変わるのに対し、操船する場所や陸岸からの距離に応じて船舶免許は分類されています。

釣りなどそれぞれの目的に合わせて免許を取得すると、マリンレジャーにおける遊びの幅を広げることが出来ます。国家試験が実施される前日までに一級は満17歳9か月、一級以外の場合は満15歳9か月に達していなければ船舶免許の受験は認められません。それぞれ満18歳と満16歳になった日から免許の取得が可能になるものの、二級の場合は満18歳に達するまで操船できる船舶が5トン未満のものだけになります。視力や視野はもちろん、夜間でも灯火の色を識別できるなどといった色覚に関する条件も定められています。

5メートル以上離れて、普通の大きさの声音または汽笛音を聞き分けられるという聴力も必須です。小型船舶の操縦に支障がない程度の軽度の身体障がいがある場合でも、航行などの目的は限定されるものの免許の取得自体は認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です