エンジン付きの船やボート、ヨットを操縦するための船舶免許は、国家試験に合格することで取得できます。この免許はボート免許とも呼ばれ、正式には小型船舶操縦士免許と言います。免許を持つことで、フィッシングやクルージングだけでなく、水上バイクなどのマリンスポーツを楽しむこともできます。国家試験は学科試験と実技試験とに分かれます。

もう既に免許を持っている人が、他の免許を取得する場合は、試験が免除されることもあります。また年齢制限があり、1級の小型船舶免許を取得するには試験日前日までに17歳9か月、2級や水上バイクの場合は、やはり前日までに15歳9か月になっていなければなりません。その他に視力や色覚、聴力の検査があります。ところでこの1級とか2級というのは、免許の種類のことです。

1級は岸から5海里以上の外洋を含めた、すべての海域が航行できます。2級は岸まで5海里の沿岸海域の航行が可能です。船の大きさはどちらも変わらないので、1級であるか2級であるかの違いは、航行可能な海域の違いと言っていいでしょう。また1級の場合は学科試験が5科目ですが、それ以外の場合は3科目です。

1級と2級以外には、水上バイク用の免許があります。特殊小型船舶免許とも言われます。水上バイクの操縦やウェイクボードは、この免許がないと行うことができないので気をつけましょう。免許取得の勉強は教習機関やボートスクールなどで講習を行っているので、それを利用して試験に臨むという方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です