海の上を気持ちよさそうに走っているのが水上バイクです。ジェットスキーとも呼ばれるこの乗り物があれば、水の上を自由自在に移動できるため、様々な場面で活用することも可能です。レジャーはもちろん、移動手段にも使えるため利用したいと考えている人も多いのではないでしょうか。水上バイクを運転するためには特殊小型船舶免許の取得が必要です。

この免許は水上バイク専用のものとなっており、たとえ小型船舶免許を持っていたとしても取得する必要があります。水上バイク免許の取得には教習コースの受講が必要となっており、数時間の学科講習と実技講習を受ける必要があります。指定のコースを受講すると受験資格が得られるため国家試験を受けることになりますが、講習を受けた施設が国交省指定の教習所であれば修了試験のみで免許の交付が可能となります。免許の交付が可能になったら申請手続きを行って免許の交付を待ちますが、これには数週間程度の期間が必要です。

また、交付を受けた水上バイク免許には有効期限が設けられているため、期限内しか利用することは出来ません。ですが、期限内に更新講習を受講すれば免許の更新が可能です。更新講習についても各地の教習所で受けることが出来るため、定期的に更新しておけば継続して水上バイクの運転が可能になります。水上バイクには複数人が乗車できるタイプもあるため操縦を行わなければ免許無しで乗車することは可能です。

ですが、操縦したい場合は必ず水上バイク免許が必要となりますので興味のある人は知っておく必要があるでしょう。水上バイク免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です