海や川でのレジャーを楽しむなら、船舶免許を取ることも考えてみましょう。船舶免許といっても、種類も3種類ありますので、それぞれの違いを知り目的に応じた免許を取ることが大切です。まず、1級小型船舶免許は20トン未満の小型船舶おより20トン以上で長さが24m未満のプレジャーボートを操船できます。航行できる区域に制限はなく、例外はあるものほぼすべての海域に対応できます。

取得できる年齢は万8歳以上です。外洋セイリングやスポーツフィッシングを楽しみたい人に向いています。2級の場合も、小型船舶免許は20トン未満の小型船舶おより20トン以上で長さが24m未満のプレジャーボートを操船できます。航行できる区域は沿岸から5海里となっており、満16歳以上から取得可能です。

フィッシングやクルージングを楽しみたい人に向いています。さらに、特殊小型船舶免許は水上オートバイやジェットスキーを楽しみたい人に向いている免許です。航行区域は沿岸から2海里となっており、こちらも満16歳以上から取得できます。1級や2級を取得していても、水上バイクやジェットスキーは操縦できないことも理解しておきましょう。

学科は独学でも学ぶことはできますが、独学では実習は難しくなります。それゆえ、学科は独学で学ぶ場合でも、実技は免許スクールなどで学ぶことが一般的です。身体検査基準をクリアする必要もありますので、視力や色覚、聴覚の身体検査基準もチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です