船舶免許は様々な船舶を操縦することができる免許であり、取得することでクルーザーやモーターボートなど、様々な選定を操縦することができます。最近ではジェットスキーや水上バイクなども人気となっており、これを楽しみたいために船舶免許を取得すると言う人も少なくありません。しかしジェットスキーや水上バイクを操縦するためには、一般の船舶免許ではなく特殊小型船舶免許を取得しなければならないので、注意をすることが必要です。ジェットスキーや水上バイクは一般の船舶とは異なり、海岸に近いところを航行するものとなるため、安全性には特に配慮することが必要となります。

しかも操縦方法が一般の船舶とは異なり、非常に高度な技術を必要とするものとなっているため、その経験がなければ適切な操縦を行うことができないものとなっているのが特徴です。特に人と接触する危険があることや、万が一接触した場合には大事故につながることから、船舶の中でも特殊なものと考えられており独自の免許が設定されることになりました。特殊小型船舶免許を取得するためには、スクールなどでその技術を学ぶとともに、安全に操縦するために必要な知識を習得することが必要です。特に海岸での安全性の確保は非常に重要なものであり、そのために様々な細かなルールが定められていることから、これらを確実に理解し遵守することが必要です。

その免許を取得する事は、安全に運行をするための知識を持っていることを証明することになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です