船舶免許は小型船舶に特化する免許で、ボートや水上オートバイなどの操縦が認められることから、海に出ることができたり広範囲で行動できるようになります。航行区域や操縦する船舶の大きさの制限はあるものの、陸上では味わえない開放感や自由が実感できるのは確かです。1級の船舶免許は海洋に出て航行できますから、陸岸が見えなくなるくらいの距離まで離れて活動が行なえます。2級でも航行区域以外の制限は1級とほぼ同じなので、船舶免許の魅力が分かりますし、1級に向けたステップアップの通過点としても取得を目指す価値があるといえます。

水上オートバイの操縦には特殊小型船舶というまた違った免許が必要ですが、取得のハードルは低いので初心者にもおすすめできます。船舶免許を取得すると、自分の操縦でクルージングが楽しめたり、釣りをしたいポイントまで移動して船釣りができるようになります。船の手配という前提条件はありますが、船はレンタルで借りられるので、購入を考える必要は全くないです。使いたい時にだけレンタルできますから、保管や管理といった手間はなく、維持費の負担も心配無用です。

船舶免許は海に対する興味が深まったり、趣味が増えるといったメリットがあって、更に公的な身分証明書として使えるので何かと便利です。一般的には乗用車の免許を身分証明書とする人が多いので、船舶の免許を提示すれば珍しがられますし、顔や名前も覚えてもらえるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です