船舶免許を取っている人は、海と船が趣味であるということと、漁業関係者であるということです。今回は趣味の範疇としてのことですから、漁業関係者については省かせていただきます。ですが漁業関係者や漁業協同組合者も、もともとは海が基本的に好きであるということは絶対条件であります。船を操縦したいために船舶免許を取って海の上を操縦したいという気持ちは確かなことではあります。

その気持ちを持つことで海への憧れをロマンを求めるのであります。操縦しながら日頃のストレスから解放され、気分が絶好調であれば最高の気分であることは確かなことです。そのような気持ちを持つことは大切なことであり、年を重ねても持ち続けるものであります。だから海の上が最高の人生であるということをよく耳にします。

海が好きな人に共通していることであり、海にすべてをささげると言っていいのかもしれません。そのことを年を取ってからの続けているのですから、最高の気持ちであります。海を愛するとはどのようなことかと言ったら個人個人で考え方や価値観がまったく違ってきます。そのことをよく念頭に置いてください。

船舶免許について、ここで知ってもらいたいのは数年に1回の免許更新があるということです。もし忘れていたら免許没収ということになりますから、留意しておいてください。まずは自分が健康であることを前提に入学してください。不健康では何も出来ませんし、やる気もおこりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です