船舶免許はボート免許とも呼ばれている、海上での普通免許の様な資格です。特に、陸上の普通自動車免許に該当するものが2級船舶免許、またはボート免許2級と言われる資格になっています。具体的にはボート免許1級、2級、湖川小出力免許、特殊小型船舶操縦士免許に分かれています。ボート免許1級になると外洋までセイリングに出ることも出来る一方で、航海士の同船が必要になります。

もっとも小さな特殊小型船舶操縦士免許は、水上バイク免許とも呼ばれており、いわゆるジェットスキーに乗るために必要な船舶免許です。各種ボート免許を受験するには、1級船舶の場合は満17歳9か月以上、それ以下の資格は満15歳9か月になっていることが求められます。また、矯正視力0.5以上であることも必須です。矯正しても資力が0.5以下である場合と、灯火の色を識別出来ない場合は受験出来る資格が限られるので注意が必要です。

受験をするためには、まず上記に関する身体検査を受け学科試験と実技試験を受けます。学科については、1級、2級、特殊小型船舶免許の場合は四肢択一式、湖川小出力免許は正誤式の問題を受けます。内容は海上の交通方法、運航に関する科目と、船舶を操縦する上での心得についてです。最後の実技試験ですが、それぞれの等級に叶う大きさの船を実際に操縦して検定されます。

服装は水に濡れても大丈夫な軽装と滑りにくい靴がのぞましいです。すべての試験に合格した場合、1級なら18歳になってから、それ以下の資格は16歳になったときに免許の取得を許される仕組みになっています。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です