水上バイクの人気は年々高まっていますが、後ろに乗るだけでしたら誰でもできます。しかし操縦する場合はその限りではありませんし、まず必要になってくるのが小型船舶免許です。一般的な小型船舶の場合は1級2級と分かれていて海里によって異なります。必要に応じて選んでいくことになりますが、水上バイクの場合は特殊という言葉が入ってきます。

水上バイクの操縦は、1級2級といった小型船舶免許を取得している方でもできませんので注意が必要です。なんとなくそれも兼ねているようなイメージも強いかもしれませんが、別に取得しなければなりません。逆に言いますと、水上バイクの免許だけで良いという場合は、2日間のコースで取得可能です。内容的にも学科はマリンルールや海のマナーといった基礎内容です。

自分で学習することも可能ですので、講習で学科カットするというのも手段の一つでしょう。実技講習だけは必ず受けなければなりません。1日コースで受講できる場合もありますが、その時のほうが学科をカットしているのにも関わらず料金的には高くなることも想定されますので料金の確認は事前にしておきましょう。水上バイクは新たな趣味にもお勧めですし、とにかく刺激的で他では体験できないような内容です。

病みつきになる方も多いですし、免許を取得してよかったという声も多いです。必ずしも水上バイクを購入しなければならないわけではないですし、レンタルサービスを利用して乗ることもできますので小型船舶免許取得だけと気軽に考えていくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です