船舶免許は操縦する船舶の大きさや航行範囲に合わせた4つの種類があります。その中でも最も小さい船舶に適用されるのが特殊小型船舶免許です。この免許を取得すると水上バイクやジェットスキーと呼ばれる船舶の操縦が可能となります。ジェットスキー免許はジェットスキー専用となっており、他の船舶免許を持っていてもジェットスキーの操縦は出来ないルールになっています。

ジェットスキー免許の国家試験では身体検査、学科試験、実技試験に別れます。身体検査では視力、聴力、色覚の検査が行われます。学科試験では基本的なルールやマナーなどの知識が問われます。また、水上交通のルールや操船方法などについての出題され、荒天時の対応などの知識も知っておく必要があります。

実技試験では基本的な操縦方法について、実際の船舶を用いてチェックが行われます。また、点検方法やロープワークなどの技術を身につける必要があり、人命救助についても学ぶ必要があります。ジェットスキー免許は満16歳以上から取得することが出来ます。取得した免許には有効期限が設けられているため、期限が近づいてきたら更新手続きが必要です。

更新手続きの際には更新講習を受講する必要があります。国家試験については、国交省認定の教習所で教習を受ければ国家試験免除で免許の取得が可能となります。この場合は教習所での教習後に検定試験が行われるので、これが一定レベルに達していれば国家試験免除で免許が取得可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です