マリンスポーツにはいろいろな種類がありますが、その中でも近年人気が高まっているのがジェットスキーです。この乗り物があれば水の上を自由に動き回ることが出来ますが、小さいながらも船舶に位置づけられているため操縦には免許が必要です。ジェットスキー免許の正式名称は特殊小型船舶免許であり、ジェットスキーの操縦に必須の免許となっています。小型船舶免許にはクルーザーなどが操縦できるものもありますが、これを持っていてもジェットスキーを操縦するためにはジェットスキー免許の取得が必要なので注意が必要です。

ジェットスキー免許の取得には国家試験を受けなければなりません。ですが、国土交通省認定の教習所で規定のカリキュラムをクリアすれば国家試験免除にすることも出来ます。国家試験では学科試験と実技試験を受けますが、学科では基本ルールや海上交通の法律などが問われ、実技では基本的な操縦方法や点検技術などをチェックされます。また、この免許は満16歳以上から取得することができ、試験に合格したら申請を行って免許の交付を受けます。

取得した免許には有効期限が設けられていますが、期限内に更新申請を行えば更新することも出来ます。更新時には更新用の講習を受ける必要がありますが、これは全国にある教習所などで受講可能です。期限内で更新しなかった場合は免許を失効しますが、再交付の講習も用意されているので、これを受講して再申請すれば再び免許を取得することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です