ジェットスキー免許の取得を考える方が増えています。特殊小型船舶操縦士免許と呼ばれる同免許は、夏場のレジャーを楽しいものへと変えていきます。ジェットスキーや水上バイクといった、海を滑走できる乗り物を自由に操縦できるからです。ジェットスキー免許を取得することで、陸岸から2海里に亘ってまでを自由に乗り回せるようになります。

免許の取得にあたっては、特に制限は設けられていません。16歳以上であれば、誰でも取得することは可能です。ジェットスキー免許では、学科と実技の2種類の試験をクリアする必要があります。短い時間で対応する以上、合格率が高い教習所を使わなくてはいけません。

教習所を紹介するサイトの中には、利用者の体験談を掲載するものも見られます。自分に適したものであるかを判断した後、応募するのが良いでしょう。ジェットスキー免許を取得する際には、住民票を提出することが求められます。教習所へ申し込む際には、事前に準備しておいた方が良いでしょう。

ジェットスキー免許に興味はあっても、機器の購入や管理面に悩む人もいるでしょう。海辺では、水上バイクやジェットスキーの類いを貸し出す事業者も見られます。機器を購入したり、管理を行ったりする必要はないのです。免許を取れば、夏場のレジャーも大きく変わるでしょう。

多くの教習所では、インターネットを使っての申し込みを行えます。空き状況を確認しながら、適切な日程での申込みを行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です