ジェットスキーを運転するなら免許を取らなければなりません。ジェットスキー免許は正式名称を特殊小型船舶免許と言います。この免許はジェットスキー専用になっており、他の小型船舶免許を持っている人も取得しなければなりません。ですが、複数の人が同情できるジェットスキーの後部座席に座るだけなら免許は要りません。

ジェットスキー免許の取得方法は大きく分けて3つです。1つは独学で勉強して国家試験を受ける方法、2つ目は教習所で講習を受けたあとで国家試験を受ける方法、3つ目は国家試験免除の教習所で講習を受けて検定試験を受ける方法です。1つ目については実技も学科も独学で学ぶことになります。学科試験はテキストなどで学べますが、実技は体験出来る施設などを訪れたりDVDなどの映像でトレーニングする方法などが考えられます。

また、海外には免許不要で操縦できる国もあるので、海外旅行に行った時などに練習してくる方法もあります。2つ目については学科も実技もトレーニングが出来るので、講習を受けたあとで国家試験を受験します。3つ目については教習後に同じ施設で検定試験が受けられ、その場ですぐに合否が判るため最短で免許が取得できる方法です。教習スケジュールはスクールによって変わりますが、2日程度で取得できるのが一般的です。

ジェットスキー免許は満16歳から受験できますが、更新制になっているので乗り続けるためには定期的に講習を受けて更新手続きを行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です