ジェットスキー免許を取得する際にできるだけ費用を抑えて教習を受けたいという場合には、一般的に自分で国家試験を受験するコースを利用するのが良いです。教習所では大きく分けて2つのタイプの講習があり、その1つは先にも挙げたような国家試験を自分で受験するものです。試験の申請や合格後の手続きなども自分でする必要がありますが、費用が安いことが多くあります。もう1つは国家試験が免除されるタイプのジェットスキー免許の教習で、こちらを選べば別途国家試験を自分で受験する必要がありません。

教習所の修了審査に合格すれば良いのが特徴です。合格してからおよそ1か月ほどで、ジェットスキー免許を手に入れることができます。このようなジェットスキー免許は海や川、湖などで水上バイクの操縦をしたい人にお勧めです。1人でも乗ることが出来ますが、家族や恋人、友人などと一緒に乗ることも出来るので水辺に出かけて楽しく過ごしたい人にもお勧めすることができます。

16歳以上なら免許を取ることができるので、若い世代の人にもおすすめですが中高年でも楽しむことができます。ジェットスキー免許を取得したら、海に行けば陸岸から3.7キロほどまでは水上バイクに乗っていくことが出来るので行動範囲が広くなるはずです。小回りが利くので、海からしか行けないところへも航行可能なエリアなら行くことが可能です。水しぶきを上げて水上バイクを乗り回すのも良いですが、のんびりと海上から陸を眺めるのも楽しいかも知れません。

ジェットスキー免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です