昨今の日本では、年間を通して海外旅行に行かれる方が増加をしています。その目的地はハワイやアメリカ・グアムにインドネシアとなっており、比較的温暖な気候でバカンスを楽しみたいという方が多い傾向です。また1990年以降はマリンスポーツがブームとなっており、そのなかでも海上を思う存分に移動できるプレジャーボートを操縦なさる方もいます。ここではそのひとつにあたる水上バイクについて見ていくことにしましょう。

水上バイクとは、450CCのエンジンを搭載しているマシンで水上バイク免許を取得することで乗ることができます。小さなプロペラが高速回転することで、陸上を進むバイクと同等の能力を有するのが魅力ポイントです。水上バイク免許は国内では16歳以上から取得をすることができ、半日程度の学科と実技講習を受けることで手に入る免許になります。水上バイク免許は世界共通のライセンスで、アメリカなどでも活用することが可能です。

そこでこれからこれらの地域に旅行に行く方には、水上バイク免許の取得をおすすめしましょう。ビーチなどで泳ぐのも良いですが、沖合に行けば美しいサンゴの群生地を見たり、イルカなどの海洋生物を間近で目にすることも可能です。さらには水上バイク免許があれば、トライクという乗り物をレンタルすることもできるので、一気に行動範囲が広がることはいうまでもありません。免許は2万円程度で手に入るので、さほどコストも掛かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です